ノンエーでニキビは治せる?上手な改善方法

ノンエーの効果はなぜニキビに効果的?

ノンエーは家族で愛用している方もいるようですが基本的に「思春期ニキビ」「大人ニキビ」「ストレスニキビ」に効果的です。

 

愛用者の中には「背中ニキビ」に使用している方もいるようで全身に使えて、刺激になるような成分が一切含まれていないのでアトピーや敏感肌の方でも安心な薬用ニキビ専用洗顔石けんです。

 

そんなノンエーですがここではなぜニキビに効果的なのか具体的にご紹介したいと思います。

 

配合成分

それはまず、配合成分に秘密が隠されているのですが、ノンエーにはマメ科の植物「甘草」から取り出したグリチルリチン酸ジカリウムという成分が配合されています。

 

甘草は、漢方では口内炎や喉の炎症を抑えるために用いられており、これが炎症(ニキビ)を抑制する効果が期待できます。

 

この他にも「ローヤルゼリー」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「スクワラン」などの美容成分がお肌を潤し、さらに「ダイズエキス」が皮脂の分泌を抑制し、毛穴を引き締めてくれるので、毛穴の汚れや詰まりが主な原因のニキビに効果的なんです。

 

 

 

開発・処方

次にノンエーの開発・処方にもこだわりがあり、肌の刺激になりうる「グリコール酸」や「サリチル酸」などのピーリング成分が一切使用されていないということ。

 

また、洗顔に最適な「弱酸性」ではなく「弱アルカリ性」で開発されているのでお肌を優しく洗顔できるんです。
そして使ってみればわかる「もこもこ泡」。

 

豊かな泡立ちはニキビケア洗顔で最も大切なことの一つ。
きちんと泡立てず手でゴシゴシとこするとお肌が傷ついてしまい、ニキビが悪化する原因となってしまいます。

 

そこでノンエーのもこもこ泡が決め手となります。
ノンエーはそのもこもこ泡を作り出せるように「カリ含有石けん素地」を開発。

 

通常の石けん素地に比べ、約「4倍」ものきめ細やかで弾力のある泡を作り出すことができるんです。
この泡により皮脂の汚れをキレイにできるのでこれもニキビを治すために必須な処方と言えます。

 

 

 

ノンエーでニキビを改善しよう!上手な使い方

ノンエーがどれだけニキビに効果的なのかわかったところで使い方が雑だとしっかりとした効果が得られません。
そこで公式サイトがオススメしている簡単「基本のニキビケア洗顔」の方法でニキビケアしていきましょう!

 

  1. ぬるま湯で予洗い
  2. もこもこ泡で洗う(手は肌に触れない!)
  3. 洗い流す
  4. すぐに保湿

 

ぬるま湯で毛穴を緩めておき、キメ細かなもこもこ泡で毛穴や余分な皮脂を落とします。

 

泡立てがポイントになりますが公式サイト限定の特典に泡立てネットが付いてくるのでこれを使えば使用量を減らすことができさらに手で泡立てるより簡単に素早くもこもこ泡を作り出すことができます。

 

洗い流す時もできれば手で触れずシャワーなどの水力で洗い流すのが一番良いのですが、重要なのは洗い流しを忘れないこと。
耳の裏側や髪の生え際など意外と洗い忘れてしまうのでそういった細かい洗い流しも忘れないようにしてください。

 

そして最後の保湿ですが、ノンエーだけでも保湿力は高いのですが、基本的にお肌は10〜15分ほどで乾燥してくると言われています。

 

なので、ノンエーだけでは足りない保湿を乾燥してくる前にすぐに保湿するようにしましょう。
以上、こちらでご紹介したノンエー、今だけ初回限定ニキビケアに最適な豪華4大特典

 

  1. ミニ ノンエー(12g)
  2. 泡立てネット
  3. ミニ ローション(10ml)
  4. ミニ ジェル(5g)

 

以上が付いてきます。
ニキビ・ニキビ跡に悩んでいる方は、今だけのこのお得なキャンペーンが終わってしまう前にぜひチェックしてみてくださいね!

 

⇒【今だけ!】ノンエー公式サイト限定豪華特典キャンペーン開催中!

 

 

 

 

 

泡立てネットとは?

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、入浴剤、ボディクリームなど、自分が使用する商品については香りを同じにすべきです。

 

混ざり合うということになるとゆったりした気分になるはずの香りが無意味になります。

 

強い紫外線に当たりますと、ニキビの炎症は進んでしまいます。

 

ニキビに困り果てているからサンスクリーン剤は使用しないというのは、明らかに逆効果だとお伝えしておきます。

 

泡立てネットと呼ばれるものは、洗顔石鹸だったり洗顔フォームが落としきれていないことが大概で、細菌が蔓延りやすいというようなマイナスポイントがあると言われます。

 

面倒くさくても2、3ヶ月に1回は換えた方が賢明です。

 

小さい子供の方がコンクリートに近い位置を歩行することになりますので、照り返しのせいで身長のある成人よりも紫外線による影響は強いと言っていいでしょう。

 

大人になった時にシミに悩まされないようにするためにもサンスクリーン剤を塗ることを日課にしましょう。

 

冬の間は空気が乾燥しがちで、スキンケアにつきましても保湿がメインになると言えます。

 

夏の間は保湿も大切ですが、紫外線対策をベースに行うことを意識してください。

 

アロマ・半身浴・スポーツ・カラオケ・映画・読書・音楽鑑賞など、自らにマッチする実施方法で、ストレスをできる範囲で取り去ることが肌荒れ防止に役立ちます。

 

デリケートゾーンについてはデリケートゾーン限定の石鹸を使うようにしましょう。

 

体全体を洗うボディソープを利用して洗浄すると、刺激が強烈すぎるが故に黒ずみが発生するかもしれません。

 

乾燥対策に効果が見込める加湿器ですが、掃除をサボタージュするとカビが蔓延り、美肌など夢物語で健康まで損なう要因となります。

 

いずれにしても掃除をするよう意識しておきましょう。

 

抗酸化作用が望めるビタミンをたくさん含む食品は、毎日のように積極的に摂取しましょう。

 

身体内からも美白に寄与することができるはずです。

 

女性と男性の肌に関しては、ないと困る成分が違って当然です。

 

夫婦やカップルという場合も、ボディソープは各人の性別を考慮して研究・開発・発売されたものを利用すべきだと思います。

 

思いがけずニキビができてしまったら、肌をクリーンにしてから薬剤を使ってみましょう。

 

予防を最優先にしたいのなら、ビタミンをたくさん含有するものを摂りましょう。

 

「化粧水を常用しても簡単には肌の乾燥が解消できない」という人は、その肌との相性が良くないと思われます。

 

セラミドが配合されている化粧水が乾燥肌に効果的です。

 

「シミを見つけた時、一も二もなく美白化粧品を頼みにする」というのは止めましょう。

 

保湿であるとか紫外線対策といったスキンケアの基本に立ち返ることが肝心だと言えます。

 

糖分に関しては、過剰に摂取するとタンパク質と結合し糖化へと進展してしまいます。

 

糖化は年齢肌の代表であるしわを重篤化させますので、糖分の摂りすぎには自分自身で待ったを掛けなければならないのです。

 

年齢を重ねても美しい肌を保ち続けたという希望があるなら、美肌ケアは必須要件ですが、より以上に重要なのは、ストレスをなくすために大声で笑うことではないでしょうか?

 

 

 

シミが目につかないスベスベの肌の目指し方

「シミができてしまった時、即美白化粧品を用いる」というのはあまり良くないです。

 

保湿であったり睡眠時間の保持を筆頭としたスキンケアの基本に立ち返ってみることが重要だと言えます。

 

「月経が迫ってくると肌荒れを起こす」と言う方は、生理周期を理解しておいて、生理が近づいてきたら可能な限り睡眠時間を確保し、ホルモンバランスの崩れを防ぐようにしましょう。

 

「有難いことに自分自身は敏感肌ではないから」と考えて強い刺激の化粧品を長年愛用していると、ある日唐突に肌トラブルを起こすことがあります。

 

恒久的にお肌に負荷を掛けない製品を使用した方が良さそうです。

 

シミが目につかないスベスベの肌を手に入れたいなら、日頃の自己メンテが被可決です。

 

美白化粧品を利用して自己メンテするのは言うまでもなく、十分な睡眠を心掛けることが必要だと言えます。

 

糖分と申しますのは、極端に摂りますとタンパク質と一緒になることによって糖化を起こすことになります。

 

糖化は年齢肌の代表とも言えるしわを重篤化させますので、糖分の摂取しすぎにはストップをかけなければいけないというわけです。

 

「20代まではどのような化粧品を使ったとしても問題がなかった人」であっても、歳を重ねて肌の乾燥が進むと敏感肌になってしまうことがあると指摘されています。

 

敏感肌で窮しているという方は、己に相応しい化粧品でケアするようにしないとなりません。

 

自身にしっくりくる化粧品を発見できるまでひたすら探すことが要されます。

 

12月ころから粉を吹くほど乾燥してしまう方であるとか、春夏秋冬季節の変わり目に肌トラブルで苦労するという方は、肌と同様な弱酸性の洗顔料を使った方が有益です。

 

誰からも愛される匂いがするボディソープを使うようにしたら、入浴後も良い香りに包まれ幸せな気分が続きます。

 

匂いを上手に利用して日々の生活の質というものを上向かせていただきたいです。

 

暑い日であろうとも冷蔵庫にある飲み物じゃなく常温の白湯を体内に入れることが重要です。

 

常温の白湯には血行をスムーズにする働きがあり美肌にも有効だと言われています。

 

毛穴パックさえあったら皮膚に残ったままの角栓を丸ごと取り除けますが、ちょくちょく利用すると肌に負荷を与えることになり、反対に黒ずみが酷くなりますから気をつけなければなりません。

 

肌のセルフケアをテキトーにすれば、30前の人であろうとも毛穴が開いて肌は干からび劣悪状態になってしまうのです。

 

10代後半の人でも保湿に励むことはスキンケアでは必須事項なのです。

 

「これまでいかなる洗顔料で顔を洗ってもトラブルが生じたことがない」という方でも、年を積み重ねて敏感肌になる場合も少なくないのです。

 

肌にダメージを与えない製品をセレクトしていただきたいです。

 

6月〜8月にかけては紫外線の量が異常ですので、紫外線対策を欠かすことができません。

 

特に紫外線を浴びてしまうとニキビはより劣悪な状態になりますから要注意です。

 

紫外線対策のため日焼け止めを塗るというルーティンワークは、幼稚園や小学校に通っている頃から入念に親が伝授したいスキンケアの基本になるものです。

 

紫外線を多量に受けると、後にその子たちがシミで困惑することになってしまうのです。